もしかして声フェチかもしれない

狭く浅くアイドルを好きになってます。

「悪童」はいいぞ(ネタバレなし)

次は夏コン!とか言っておいて違う話です、ごめんなさい。

 

最近TEAM NACSの悪童という舞台のDVDを観ました。

少し前からNACSが気になっていて(元は重版出来のヤスケンを観たのがきっかけでした)、「彼らの演技を見てみたい!」と思い1番新しい「悪童」をAmazonでポチりました。

 

この作品はマギーさん演出、古沢さん脚本です。

いつもはリーダーである森崎さんが脚本、演出をつとめているため新たな試みでした。

 

先に言います。最高の舞台でした。

 

ファンの方の中には「NACSらしくない」という意見を持たれた方もいらっしゃったと聞きます。確かにそれは否定できません。

おそらく他の劇団、他の俳優さんでやっても良かったでしょう。面白かったと思います。

 

しかしあのキャラクター達をあそこまで魅力的に魅せられるのは彼らしかいないと思います。

 

どのキャラも、実在しているようなリアル感、人間臭さに溢れていました。

 

ということで、次は「悪童」のネタバレ含む感想です。

夏コンの感想は少しお待ちください…