もしかして声フェチかもしれない

狭く浅くアイドルを好きになってます。

DONAIが素晴らしい

DONAIがとてもいい。こんなにいいと思わなかった。

 

こんにちは。親知らずを抜いて歯の痛みを堪えてるこなみです。

 

前回の記事ではえげつないについて書きましたが、今回はDONAIについて。

 

関ジャムでお馴染みいしわたり淳司さん作詞、蔦屋好位置さん作曲のパーティーソングです。

 

まず、なにがいいって全員の歌割りです。

 

「俺の好みのYOUとYOU」という歌詞を入れ、それを横山くんに当ててくれたことに感謝しかないです。

(ここで、私の好きな裕を貼ろうと思いましたが、あり過ぎて選べませんでした。)

 

そして横山くんと「いやあの子俺に夢中」という大倉くんの争いを「待て待て〜い!」と言わんばかりに割り込んで来る亮ちゃん。

 

まさにエースで主役の亮ちゃんにぴったりです。

 

ここまででもう最高です。

 

個人的に関ジャム披露のときのヤスくんの舐めるような視線が大好きです。

あんなに可愛いのに蛇のようなギラギラ感堪らない…

 

おそらくこの曲の村上担さん最高の部分はこの後のラップですよね?

ひなちゃんのソロでこんなかっこいいのすごい…(語弊)

 

全て演じてるエンターテイナー村上信五かっこいい。

ひなちゃんのソロ前にピアノが鳴るのが今からひなちゃんのソロって感じがしてとても好きです。

 

「惚れさしたるぜ必ず」ってめちゃかっこいいのに「ちょっとドカンと言い過ぎとちゃう」ってヘタレちゃうところがもうまさに関ジャニ∞

惚れたが負けのイッツマイソウルに似たものを感じました。

 

「やばいpreety girlいいボケが浮かばない!」ってそんなイケボで言われても(好き☺️)

 

「入れ歯カタカタ鳴っていいリズムやん」

言いそう〜〜〜〜!!

老人ホームとかで勤めてて「最近入れ歯がねえ」って嘆くおばあさんに向かって言いそう〜〜!!

でも顔が抜群にかっこいいからみんな許しちゃうんだよね!?!?(なんの話)

 

ここまででもう疲労困憊ですよ。

良いところがありすぎるこの曲。

 

最後にすばるくんが「マチガイの恋でもステキやん…」って言うところでトドメを刺されますよね。

 

いいの!?そんなこと言われたら勘違いしちゃうよ!?間違いの恋しちゃうよ!?

(きっとボロボロになって捨てられる運命)

 

罪と夏みたいなアップテンポな勢いがありつつ、少し大人のムードを漂わせる名曲だと思います。

関ジャム初披露のときの衣装とセットがとてもいいです。

ここにきて(100回記念)、OP衣装を使うとはやるな、おぬし。

 

はあ〜〜〜〜テレ朝に足向けて寝られない!