読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかして声フェチかもしれない

狭く浅くアイドルを好きになってます。

【ネタバレなし】関ジャニ'sエイターテインメント 12/24

どうもこんにちは、最近三十路少年の魅力に気づいたこなみです。

 

やっとこさ12/24に行ったエイトコンの感想です。

 

 

 

……もう1ヶ月以上経ったとか信じてませんから!

 

ほんとはすぐ書くつもりだったんですよぉ

年末年始のだるだるびーむ光線には勝てませんでしたorz

 

前回の嵐コンは、バイト先のパートさんに当ててもらいましたが、今回はしっかり自分の名義で当てました。

 

しかもクリスマスイブ!!

万年ぼっちな私にはハロウィンだろうがクリスマスだろうが関係ないんですけど、愉快な男たちと騒げるとあればたちまち聖夜に変わります(単純)

 

 

夏ごろにジャニーズに足を踏み入れたハロヲタの友を誘っていざ、再びのナゴヤドームへ!

 

 

 

 

 

 

 

‪‬…まあ当然のようにイオンの波に飲まれますよね

 

 

なぜだ、こなみ。嵐コンで散々学んだはずじゃないのか…!!

イオンは戦場だって!少しでも休める場所を探す猛者どもの狩場だって!

 

ということでまた今回も座れませんでした笑

 

でも、前回と違ったのは本番前に落ち着いて腹ごしらえができたこと。

 

前回はドーム内のゴミ箱の前でおにぎりかっ喰らってましたから(てへっ☆)

 

 

あんかけスパゲティなるものを頂きました。

とても美味しかったです。並んで食べた甲斐がありました。

 

前回の反省からたこ焼きペンラもちゃんと買って(友だちは何故か丸ちゃんのうちわ買ってました、いつの間にあなた丸担になったの…?)20分くらい前にドームの中へ

 

長くなったのでここで一旦切ります。

夢の景色のように美しい眺めだった

 

「あの日…コンサートに行った日…それはまるで、夢の景色のように美しい眺めだった…」

(ここで前々前世のイントロ)

 

 

さて、あけましておめでとうございます。

嵐コンの感想も書き終わらないうちに年を越してしまいました。(まだエイトコンの感想も書いていないのにね…!)

 

 

               〜前回までのあらすじ〜

バイト先のパートの方のご厚意で、あゆはぴコンにいけることになったこなみ。

まさかまさかの事態に呆然としていたら、アリーナ席が当たったという知らせが入り…!

 

 

12/16当日、私と誘ってくださった方、その方のご友人の3人でナゴヤドームに向かいました。

車の中でCDを流していてもう気分は最高潮!

 

しかもしかもグッズ列が並んでいなくてハイテンション!

 

いやーびっくりしました。

と言うのも2015のエイトの冬コンではかなり長蛇の列だった記憶があるので。

幸いにもドーム内にもグッズ売り場がありスムーズに購入できたわけですが。

 

今回は一箇所しかない上に、なんか隣でサーカスみたいなのやってる!(のちにシルクドソレイユの公演だと知りました。なにも同じ日じゃなくても)

これは覚悟しないとなと思っていました。

プレ販売のおかげだったのでしょうか。

 

ウキウキで売り場を後にしたわけですが、本当に覚悟しなければならないのはここからでした。

 

 

イオンめっちゃ混んでるうぅぅ!!

 

…なんですか、あれは。どこからあんなに大量の人が集まるんですか。

すばるコンの時も思ったけどジャニーズ恐るべし。

レストランは満席だし、休憩のために腰を下ろすベンチすら空いてない。

この時間でかなり体力を消耗しました。

 

 

 

さて、そんなこんなで(どんなだ)、アリーナへ無事辿り着いた私たち。

こんなに近いのか!本当に目の前なんです。

 

イオンで揉みくちゃにされたテンションがまた上がってきました。

人生初のペンライトの点灯を確認し、今か今かと待っていました。

すると周りの方が「嵐、嵐…」とコールを始め、慌てて参加してるうちに彼らは現れました。

 

 

 

 

 

 

嵐だああぁぁぁぁぁぁ

 

すごい目の前にいる…え、これテレビじゃないよね。私の目の前だけスクリーンついてて騙されてるわけじゃないよね??

 

もうキラッキラしてました。いや、比喩とかじゃなく。

体から金粉出てました(変態)

 

興奮しすぎたせいでどの曲から始まったのか全く覚えてません。

何しろ動いてることに感動しまして。

「あーやっぱりスーパーアイドルだなぁ」と思いました。

そんなハイな状態が続いていた私でも鮮明に覚えていたことがあります。

それは二宮くんのソロです。

 

CDを聞いていた時から、その曲だけ浮き出てよく聞こえました。

いや、もちろんどの曲も好きなんですが、ガッと心を掴まれたというか。

「あー二宮くんってこんな声も出せるんだ」

切なそうな歌声にボカロっぽさを感じるイントロ(ハロハワユっぽさ)など、聞けば聞くほど虜になりました。

 

それを生で聴ける。イントロが流れた瞬間緊張が走りました。

ふっとそちらを見ると、ステージで妖精が踊っているのです。

 

もう一度言います、妖精が踊っているのです。

 

気持ちを込めた歌声を曲に乗せて、ふわふわとまるで消えそうに歌っている。

実際踊ってなかったかもしれませんが、私には踊って見えました。

あの白い衣装も相まって消えそうなくらい儚いのです。

衝撃でした。

 

今まで悪いイメージを持っていたわけではないのですが、彼への固定観念がいい意味で裏切られました。

 

ライブが終わった後もしばらく聴きまくっていました。最初から最後まで好きなとこしかありません。

曲途中にある静寂の後の「Tell me」は、初めて聞いた時は鳥肌が立ちました。

 

あの儚い妖精が休日は家にこもりまくってゲームしてるとか嘘だろ?

実はワンパックとか嘘だろ?

私は嵐だったら相葉担なのですが、この時ばかりはニノに恋してました。

 

もちろん相葉ちゃんのソロでは呪詛のように「かわいいかわいい…」と呟いてましたよ(当然)

ディスコスター様流石です。

今、ディスコって打ったら予測変換に「ディスコスター様」って出てきました。

流石です、ディスコスター様。

 

 

2つ前の記事でも書きましたが、何しろ演出がすごい。

私は振り回すためにペンラを持っているので(え?)、自動制御どんとこいでした。

どうぞどうぞ、これが演出の糧になるなら好きにいじってください。

 

例えが月並みですが、正にディズニーランドにいるよう。飽きさせない。

コンサート中は決して夢から醒めない。

ドームを包み込んで一時狂わせてくれる。

 

ファンは夢を買っているんだなと改めて思いました。

そしてその夢を完璧に見させてくれる彼らに脱帽です。

 

再び行くことができるとは思いませんが、もし行くことができたら準備万端にして(イオンに行かなくても済むように)、それこそ「バカになって」楽しみたいと思います。

 

 

 

追記

生で見る相葉ちゃんが細すぎてびっくりしました。

誰か彼に「お蕎麦ばかり食べてちゃダメよ」と注意してあげてください。

あなたの嵐コンはどこから?

前回の続きです。

ここで、なぜ私が嵐のコンサートに行けることになったか詳しくご説明しましょう。

興味ないですか?ありますよね?はい、話します。

 

まず、バイト先のパートの方が嵐好きと知り、同じジャニヲタとして意気投合しました。

その方かなりファン歴が長いようでDVDも全て揃えているそうです。

 

「ファンクラブ入ってても全然当たらなくてね〜」

「嵐人気すごいですからね〜」

なーんて会話をしてたらその方がポツリ

 

「今度コンサートあるけど一緒に応募する?」

 

 

…全てのはじまりです。(大げさ)

 

 

「わーいありがとうございます!」と言ったものの、私もジャニヲタの端くれ。

嵐のコンサートのチケットがどれだけ取りづらいかはよく知っています。

 

(まあ当たらないだろうな…期待はしないでおこう)

その心遣いだけで十分でした。

 

 

しかしそれからしばらくして他のパートさんからまさかの報告。

 

「そういえば、あず(その方のあだ名です)コンサート行くらしいね」

 

 

 

       

         

          ……え??

 

 

 

  その方がコンサート行く=私も行ける

 

 

 

 

 

 

 

神様ありがとうございます(土下座)

 

 

 

 

いやーまさかのまさか

ちょっと息止まりました。

その後正式にご本人から当選したとの報告を受け、狂喜乱舞。

 

家族に自慢しまくりうざがられました。

 

予習のためDVDを借り、あゆはぴの初回限定版のCDも借り、嵐の衝撃に備える準備をしていました。

 

 

しかしその準備は第二波によってあっけなく崩れさりました。

 

 

なんとアリーナ席が取れたのです。

 

ここまでうまくいくと罠でも仕掛けられているんじゃないかと疑いました。

 

 

しかし喜び惚けているばかりではいけません。

アリーナに入れるとなればすることはひとつ。

 

そう、うちわづくりです。

 

まさか自分が四苦八苦しながらうちわを作るなんて夢にも思いませんでした。(2時間半)

 

(だんだん面倒になり「分かればいいか!」と適当になり始めたのは内緒です。)

 

近所の100均の品揃えの悪さに気づけたのも今回の大きな収穫ですね。

 

さて、次はいよいよコンサートの感想です。

 

(ごめんなさい、あと一回で絶対終わらせるのでそんな目で見ないで下さい…)

 

嵐+コンサート=最高

  I have a  嵐〜 

Ihave a  コンサート〜

                         どぅーーーん

 

 

 

 

 

 

                                最高

 

 

行ってきました。f:id:v8tokyo-3:20161218133536j:image

 

嵐コンサート inナゴヤドーム

バイト先の方にお誘いを受けて、16日に参戦してきました。

…どうでもいいですが、この参戦って言葉すごいですね。

初めて聞いたときは「楽しみに行くんでしょ?何故戦うのか…」と疑問に思いました。

ここから先はネタバレも含みつつ感想になります。

記憶力が皆無な人間ですので、ほぼ感想になると思いますがよければ見てやってください。

 

 

 

 

 

 

 

まず、始まってから思ったこと

 

         

            

 

         

         

             演出やべえ

 

なんですか、あれは。

初っ端から飛ばしすぎでしょ。

花火ってあんなに序盤に使っていいの!?

もっとラストのそれこそアンコールで使うやつでしょ!?

なんかもう音で驚いて最初の方よく見えませんでした…はい。

 

やっぱり登場時の盛り上がりはすごいですね。

気持ちをぶち上げていくような登場素晴らしかったです。

案の定、「あっ嵐って存在したんだ…」ってなりますよね。(実は空想の生きものじゃないかと疑うシリーズ)

 

細かいことは記憶にありませんが、最初の衣装がメンバーカラーではなかったことは覚えてます。

あれなぜだったんでしょう。

あんまりカラー気にしないグループでしたっけ?

 

 

まあそれはさておき、そんなアゲアゲ状態で始まった嵐コン。

メンバーが花道通るたびに「動いてる…歩いてる…」って思ってたのは私です。

 だって初めて見たんだもーん。

 

みんなスタイルいいですね(当たり前)

 

相葉ちゃんが細すぎて、「この子大丈夫か?ちゃんとご飯食べてる?蕎麦ばっか食べてちゃダメよ」なんてオカンみたいな気持ちになってました。(勝手に)

 

ペンライト初めて買ったのですが、まさかの遠隔操作でびっくり。

ハイテクですねー

ただ、持ち手のちょうどいいところに切り替えのスイッチがあるので色が変わる変わる。

 

「あれ?さっきまで緑だったよね?青になってる。」

 

お前が変えてたんだっつーの( ̄∀ ̄) 

 

冬のエイトコンでは、ペンライト買わなかったのですが、やっぱり買ってよかった。

興奮してるのに振るものがないともどかしいですからね。

こんなひ弱な拳じゃ突き上げても何やってるか分からないですし(自虐)

 

 

 Love so sweetの時の合いの手なんか、一回もやったことないのに分かるもんですね。

まあ最初はタイミング掴めなくて変なところで「うえぃ」と変な声を出してしまいましたが。

 

みんなが一斉にペンライトを振るとあんなに綺麗なんですね〜(*´ω`*)

 

いつかのエイトコンで安田くんが「皆さんきれいです!きれいです!(ペンライト)」って言ってたみたいですが本当に綺麗でした。

 

すぐ色変えちゃう(不器用ゆえ)人間としては遠隔操作ありがたかったです。

色揃えて!なんて言われたらそれが気になっちゃって中々楽しめないので。

 

 

ちょっと長いのでここで切ります。

次はもう少し細かいところを記憶がうっすらとでもあるうちに書いておこうと思います。

ブログの意味

今回はジャニーズの話ではないのでご了承ください。




なんとなく開いてみたら「今月のPVが100を突破しました」と出ていて、なんのことやら分からなかったのですがアクセス数なんですね。

全部が閲覧数ではないらしいのですが、びっくりしました。

も、もしかしてみなさんこのブログ見てて下さってる……?

あっあれですか、他の素晴らしいブログ見てたらなんか開いちゃったー的なやつですか(捻くれ系女子)



いやーほんとに嬉しいです!

例え何人であろうと見てくれるのは最高に嬉しいです!

YouTubeニコニコ動画と違って、閲覧数が頻繁に確認できるわけではないので、マイペースでやれる分少し不安になっていたのも事実でして。

全体公開しているからにはもちろん発言に気をつけるようにはしていますが、SNSよりはブログの方が自由に呟けるツールだと思っています。

「自分の好きなことを書きまくりたいなぁ」と思っていたので、これ以上のナイスなものはないと思う反面、「これ日記でもいいんじゃね…?」とふと我に帰ることも…思春期特有のうだうだですね、はい。



自己満足だからいいもん!なんて嘘ですよね。

本当はみんなに見てほしいし、なんなら共感して欲しいです。

他の人が見ることを考えて文章を推敲し、行間にも気を配るのは、これが日記ではなくブログだから。

改めてブログに向き合うことができました。


すごく「どーでもいいですよー」な話でごめんなさい。

ここまでお付き合いしてくださりありがとうございました!


次はジャニーズのこと書きます(予告)


NEWSについて



「前回の記事でエイトが好きとか書いておいていきなりNEWSの話かよ」と思ったそこのあなた


……いきなりNEWSの話ですごめんなさい 


今までいろいろな道を辿ってきたこなみですが、まさかNEWSさんにハマるとは思いませんでした。

きっかけは何かと言われると思い出せないのですが(大体気づいたらハマっている)

ハマる前のNEWSのイメージと言えば「手越くんとその仲間たち」でした。
今思えばなんということだって感じですが。

残りの3人の顔と名前が一致しない状態だったんですね。

もちろん小山くんというキャスターがいるということも、小説を書いている「シゲ」という人がいることも、テゴマスというユニットも知ってはいました。

しかし、それがNEWSのメンバーだということは確信がありませんでした。(小山くんに至ってはシューイチに出てる中丸くんと被り、どっちがKAT-TUNでどっちがNEWSなのか見るたびに疑問でした)

気づいたら小山くんが気になり始め、24時間テレビでは小山くんばかり目で追っかけていました。
その前から変ラボを見始め、某動画サイトで過去の放送回を見るうちに3人の顔と名前が一致し始めました。

「加藤くんってありえないくらいイケメンじゃない…?」
「増田くんってボケるんだ、しかも意外と声低い」
「小山くん可愛い」
「小山くん可愛い」
「小山くん可愛い」
こんな感じです。

MUSIC DAYでのフルスイングに心を打たれ、あれよあれよという間にズブズブと…

いやージャニーズって恐ろしいっっ

まだ詳しくはないですし、積極的に調べることもせずのんびりと与えられる情報を受け取っているだけですが、これからも細々と応援していきたいです。

(手越くんはイッテQのイメージのまんまでした。彼やっぱりエースだわ)

担当グループについて

アイコンがクリームブリュレでごめんなさい
いい写真がなかったのです…
クリームブリュレ大好きです!美味しいですよね!(突然)

本日バイトがあったのですが、台風が来たため暇で嬉しかったです。

さて、前回ジャニーズについて書くと言いましたが、私のいわゆる担当グループは関ジャニ∞です。
というかファンクラブに入っているのがエイトさんたちです。

ジャニーズを好きになってからころころと好きなグループが変わってきており、今はよく分かりません。

振込用紙には大倉くんの名前を書きましたが、正直「きゃー!!大倉くーーん❤︎」って訳ではないと思います。(間違いなく愛はあります)

なのでそもそも担当と呼んでいいのかすら怪しいところではあります。

なので関ジャニ∞のことばかり書くというわけではないと思いますがよろしくお願いします。m(_ _)m