もしかして声フェチかもしれない

狭く浅くアイドルを好きになってます。

なぜ「蒼写真」に惹かれるのか

 

この曲私大好きなんです。

 

ある日、某動画サイトで聴いてからもう虜になってしまいました。

初めて買った関ジャニ∞のシングルは「LIFE〜目の前の向こうへ〜」ですが、実はLIFEではなく蒼写真目当てで買いました(オイ)

 

なぜこんなにも魅力を感じるのか。

関ジャニ∞の暗い部分をほーんの少し表してるからかな、と個人的には思います。

 

私は関ジャニ∞は明るくて面白い関西の芸人みたいな人、というイメージを持っていました。

ファンになった今もそのイメージは変わっていません。

けれど、ライブDVDなどを見てるとその一面だけではないというのがなんとなく分かりました。

このことを書くと死ぬほど長くなりそうなのでまたそれは別の機会に。

 

 

で、蒼写真なんですけど。

これはパッチコンのDVD見てくれれば分かると思いますが、みんなが横一列に並んでるんですよね。

 

少し寂しいような、夏の終わりを惜しむようなイントロが流れて、大倉くんから歌い始めます。

 

この大倉くんから始まるっていうのがまたいいんですよね。

それぞれ特徴的なエイトさんたちの歌い方ですが、大倉くんの歌声はいい意味で普遍的だと思うんです。

するっと入ってくる歌声だからこそ、この後の盛り上がりが際立つというか。

 

 

「数えきれない温もりを知り、止まることない涙を知った」

「いつも満たされたわけじゃない、だけど明日に胸躍らせ」

 

全員→横山くんのパート割が素晴らしい。

私は昔のエイトさんは詳しくありませんが、彼らが関西Jr.として苦労し、悔しい想いをしてきたことはよく知ってます(だっていつも言ってるし)

 

その想いを最年長である横山くんが歌うという重さ。

ずっしりくる部分パート1です。

その後の村上くんのパートも大好きで、ここをヨコヒナにしてくれて本当にありがとうございますって誰に言えばいいですかね。

 

2番のヤスくんのところで、「背の高い夏草」から「背の低い露草」になってるのも流れを感じられて好きです。

 

tornの低い落ち着いた歌声のパートが続いて、ヤスくんの突き抜けるような、伸びていく草の生命力を感じさせるような歌声にハッとさせられます。

ヤスくん、丸ちゃんの山田コンビの歌声がまた優しいんだ、これが。

 

丸ちゃんに「おやすみ」って言われたい人生だった。

  

サビからの亮ちゃん、からのすばるくん。

ここが私のずっしりくる部分パート2と3です(まとめた)

初めてそこのパートを聴いたときにブワッとなりました。

なんていうんでしょうか。直視できない眩しさというか。

サビ終わりでみんなが階段を上がっていくんですよね。

なんか変な言い方ですけど、消えちゃうって思いました。

「ああ…エイトさんたちは儚い存在になってしまうんだな」って結構本気で。

 

亮ちゃんにパッとスポットライトが当たって

 

 

「時計の針があの頃までもう1度戻ったとしても」

「きっと同じ道を選んで悩み歩いてきただろう」

 

 

 

ああよかった、エイトさんはちゃんとここにいてくれるんだ、地に足をつけて悩むことなく戻ってきてくれるんだ。

 

新規のくせに何言ってんだと思いますが、心底よかったと思ったんです。

 

またここのすばるくんの歌い方が少し泣いてるように聞こえるんですよ、私には。

 

絶対的なエースであった亮ちゃんと、Jr.時代にタッキーと肩を並べる存在だったすばるくん。

 

正直、エイトでなくてもきっと成功したであろう2人がこう言ってくれる(例え歌詞であっても)

 

これが何よりも胸に響きました。

 

全員でのサビで「誰が大変だった、って話じゃなくてそれぞれいろんな苦労や葛藤をして乗り越えてきた上で今があるんだ」って気づかせてくれる。

 

曲調は哀しいのに、前へ前へと進んでいく力強さを感じる名曲です。

エイトさんの魅力がぎゅっと詰まってると思います。

 

絶対に前進し続ける気持ちを失わないエイトさんをこれからも応援していきたいと強く思いました。

 

終わり!

 

あっ亮ちゃんとすばるくん以外が成功しないって言ってるわけじゃないですよ!

みんな必要で最高で最強✨

DONAIが素晴らしい

DONAIがとてもいい。こんなにいいと思わなかった。

 

こんにちは。親知らずを抜いて歯の痛みを堪えてるこなみです。

 

前回の記事ではえげつないについて書きましたが、今回はDONAIについて。

 

関ジャムでお馴染みいしわたり淳司さん作詞、蔦屋好位置さん作曲のパーティーソングです。

 

まず、なにがいいって全員の歌割りです。

 

「俺の好みのYOUとYOU」という歌詞を入れ、それを横山くんに当ててくれたことに感謝しかないです。

(ここで、私の好きな裕を貼ろうと思いましたが、あり過ぎて選べませんでした。)

 

そして横山くんと「いやあの子俺に夢中」という大倉くんの争いを「待て待て〜い!」と言わんばかりに割り込んで来る亮ちゃん。

 

まさにエースで主役の亮ちゃんにぴったりです。

 

ここまででもう最高です。

 

個人的に関ジャム披露のときのヤスくんの舐めるような視線が大好きです。

あんなに可愛いのに蛇のようなギラギラ感堪らない…

 

おそらくこの曲の村上担さん最高の部分はこの後のラップですよね?

ひなちゃんのソロでこんなかっこいいのすごい…(語弊)

 

全て演じてるエンターテイナー村上信五かっこいい。

ひなちゃんのソロ前にピアノが鳴るのが今からひなちゃんのソロって感じがしてとても好きです。

 

「惚れさしたるぜ必ず」ってめちゃかっこいいのに「ちょっとドカンと言い過ぎとちゃう」ってヘタレちゃうところがもうまさに関ジャニ∞

惚れたが負けのイッツマイソウルに似たものを感じました。

 

「やばいpreety girlいいボケが浮かばない!」ってそんなイケボで言われても(好き☺️)

 

「入れ歯カタカタ鳴っていいリズムやん」

言いそう〜〜〜〜!!

老人ホームとかで勤めてて「最近入れ歯がねえ」って嘆くおばあさんに向かって言いそう〜〜!!

でも顔が抜群にかっこいいからみんな許しちゃうんだよね!?!?(なんの話)

 

ここまででもう疲労困憊ですよ。

良いところがありすぎるこの曲。

 

最後にすばるくんが「マチガイの恋でもステキやん…」って言うところでトドメを刺されますよね。

 

いいの!?そんなこと言われたら勘違いしちゃうよ!?間違いの恋しちゃうよ!?

(きっとボロボロになって捨てられる運命)

 

罪と夏みたいなアップテンポな勢いがありつつ、少し大人のムードを漂わせる名曲だと思います。

関ジャム初披露のときの衣装とセットがとてもいいです。

ここにきて(100回記念)、OP衣装を使うとはやるな、おぬし。

 

はあ〜〜〜〜テレ朝に足向けて寝られない!

 

関ジャニ∞NEWアルバム「ジャム」

ついに発売されますアルバム「ジャム」

 

いきものがかり水野さん、ユニコーンさん、岡崎体育さん、BEGINさん、ニセ明さんなどなど…

もうこれでもかという豪華布陣で隙のない完璧なアルバムとなっております。

 

その中でも私が1番好きなのが「えげつない」

あの岡崎体育さんがエイトのことを調べまくって作って下さった曲です。

 

ラジオで初解禁され、イントロを聴いた瞬間「うわわ…これやばい、絶対ハマる」

 

案の定ヘビロテです。

音源だけヘビロテしてます。

 

まず、ワクワクするあのイントロがやばい…

コンサートであのイントロ聴いたら叫ぶ自信あります。

やるとしたらどこかなぁ

「よっしゃここからあげてく、ボルテージ」って言ってるし終わりじゃないよなぁ

でも最初は罪と夏って決めてるしなぁ(勝手)

 

 

はい、もうすでに楽しい!

イントロだけでこんなに興奮した曲は初めてです。

 

その後の「しっぺ、デコピン…」の流れはコンサートで1人1人にやってほしいです。

この組み合わせをずっと考えてるんですけど、きっと誰がどれやっても似合うなあ

 

あと、「ほれいったれ、渋谷」が好きすぎます

 

メンバーの名前コールする曲大好き〜!ウミウシ〜〜!

 

その後のすばるくんが爆イケすぎて辛いです。

「仰いでみ〜〜」の抑揚とみ〜のところの歌い方大好きです。

これはすばるくんにぴったりですね。

オタク全員さっと持ち場について従いますよ。

 

は〜〜まだサビにいってないのに好きなポイント多すぎて進まない。

 

みなさんの意見をTwitterで拝見してて「乱気流」を嵐として捉えてるというものを見て面白いなと思いました。

 

もちろんそれは想像でしかないんですけど、"偏西風(エイト)が乱気流(嵐)を超えてく"ってまじ胸熱…

 

嵐さんとエイトはタイプの違うアイドルというのは分かっていますが、なにしろ嵐さんのスーパーアイドル感は誰にも真似できないと思ってますから下剋上的なものを感じて悶えてます。

 

 

長くなりましたが、とりあえず言いたいのは

 

 

 

 

岡崎体育最高!

みんなアルバム買って〜〜!!

 

今更エイタメ魂感想 〜後編〜

はい、前回の投稿から115日も経ってしまいました。

 

しかもまだエイタメコンの感想途中っていう…

もうDVDも見てしまったというのに

 

ということで12/24のナゴヤドームでのコンサートについて書きます。

もううろ覚えなので飛び飛びですがお許し下さいm(_ _)m

 

 

 

今回はスタンド席でした。360度ステージだったのでドーム内に入った時の風景が圧巻で…!

目の前に花道が続いていて中央のモニターをぐるっと囲むような構成でした。

360度ステージは初めて見たので、「おおっ!」なり、期待値がMAXに。

 

位置的にも申し分ないスタンドのど真ん中。

「あーこの花道を歩いてエイトがこっちに来るのかなー」なんでぼんやり思ってたらライトが暗くなり開演。

 

まずOPですがこれがやばい。

 

もうDVDでご確認された方もいると思いますが、やばいですよね?(突然の呼びかけ)

 

なんなん、なんでもやるな関ジャニ∞

JKも吸血鬼パロも殺し屋パロもヤクザパロまで

公式が最大手とはまさにこのこと。

 

個人的には丸倉の喧嘩にほっこり(*´꒳`*)

だって、他のメンバーはみんな真面目にヤクザやってるのにこの2人はまるで中学生の喧嘩のよう笑

いや、ごめん、きっと真面目にやってたのよね

おばさんはクロニクルでの君たちの喧嘩を見慣れてしまっているからそう思うだけだよね。

 

そして、ドーン!!となり、エイトさん登場。

 

私の位置からは「なんか来る!」ってことしか分からずオロオロしてたのですが、最初にモニターに映った大倉くんを見て人間とは思えない叫び声を上げてしまいました。

 

あの薄いサングラスにあの衣装に、あのプードルヘアー…………

 

殺しにきてますよね、最初っから出血多量で死ぬかと思った。

 

いやーあの登場の仕方はこれから一生忘れないだろうなぁ。

 

個人的には浮世踊りビトからブリュレの流れがよかったです。

どちらも好きな曲で、ブリュレのダンスは1度生で見たかったので。

 

そしてその後私の身に2つの奇跡が起こったのですが、分かります?

 

まず1つ目はがむしゃらでのこと。

 

この曲ではトロッコに乗りながらエイトさんが周りをぐーるぐる。

メインステージから左右に分かれて動き出しました。

 

私としては、まだかまだかと彼らが来るのを待っていました。

そしてついに2つのトロッコが目の前に…!

 

えっ……止まっ……た??

 

なぜか、2つのトロッコは通り過ぎることなく、目の前で2つとも停止したのです。

 

こなみ「??????」

 

しかしそこではっっと思い出し、大倉くんうちわを取り出します。

そうだ、私は大倉担。今しかファンサをもらうチャンスはない。

慌てて金髪大倉くんのうちわ(元気魂)を取り出し、胸の前で必死にアピールしました。

 

「おーい!大倉くーん!こっち見てーー!!」

 

あっこっち見たかな?

 

 

 

亮ちゃんだったーー!

 

 

いや、もうそれはびっくり

亮ちゃんがとびきりスマイルでこちらの方見てました。なんだあの天使感👼

大倉くんいつの間にか端の方行ってるし!

 

残念ながらファンサはもらえませんでしたが、エイトさん全員が目の前に来るという貴重な体験をしました。

一体あれはなんだったんだ…

 

次、2つ目。

キングオブ男でのことです。

 

私スタンド2列目の真ん中くらいだったのですが、曲が始まってすぐにすばるくんと亮ちゃんがこちらに歩いてきたんです。

 

その時はまだ知りませんでした。

そのあと私の前のステージがどんどんせり上がり、丁度目の高さくらいで止まって…

 

つっぱって!!!

 

つっぱったー!つっぱってくれたぁぁぁ

 

もう大興奮です。だってあの気まずいの十八番(勝手に決めるな)が見れたんです!

 

案の定、亮ちゃんがすばるに引っ張られる時に照れててほっこり☺️

 

ちょっとその後の記憶はあまり無いんですけど、よこすばの裸体はしっかり覚えてます。(変態)

 

いやー楽しかった。まさにエイターテイメントって感じですね。

 

ちなみにハロヲタの友達は一切表情を変えず無言でペンラを振り、双眼鏡をのぞいてました。

 

ライブ前に「私野鳥の会するから。」と言っていた意味がよく分かりました。

 

そんなクールな彼女が1番驚いていたのはグッズの安さでした。

ハロプロのグッズはもっと高いそうです。

しかもデザインがシンプルなんだと。

 

世の中アイドルもいろいろだなぁと学んだライブでした。

 

次は夏!楽しみだなあ

 

【ネタバレなし】関ジャニ'sエイターテインメント 12/24

どうもこんにちは、最近三十路少年の魅力に気づいたこなみです。

 

やっとこさ12/24に行ったエイトコンの感想です。

 

 

 

……もう1ヶ月以上経ったとか信じてませんから!

 

ほんとはすぐ書くつもりだったんですよぉ

年末年始のだるだるびーむ光線には勝てませんでしたorz

 

前回の嵐コンは、バイト先のパートさんに当ててもらいましたが、今回はしっかり自分の名義で当てました。

 

しかもクリスマスイブ!!

万年ぼっちな私にはハロウィンだろうがクリスマスだろうが関係ないんですけど、愉快な男たちと騒げるとあればたちまち聖夜に変わります(単純)

 

 

夏ごろにジャニーズに足を踏み入れたハロヲタの友を誘っていざ、再びのナゴヤドームへ!

 

 

 

 

 

 

 

‪‬…まあ当然のようにイオンの波に飲まれますよね

 

 

なぜだ、こなみ。嵐コンで散々学んだはずじゃないのか…!!

イオンは戦場だって!少しでも休める場所を探す猛者どもの狩場だって!

 

ということでまた今回も座れませんでした笑

 

でも、前回と違ったのは本番前に落ち着いて腹ごしらえができたこと。

 

前回はドーム内のゴミ箱の前でおにぎりかっ喰らってましたから(てへっ☆)

 

 

あんかけスパゲティなるものを頂きました。

とても美味しかったです。並んで食べた甲斐がありました。

 

前回の反省からたこ焼きペンラもちゃんと買って(友だちは何故か丸ちゃんのうちわ買ってました、いつの間にあなた丸担になったの…?)20分くらい前にドームの中へ

 

長くなったのでここで一旦切ります。

夢の景色のように美しい眺めだった

 

「あの日…コンサートに行った日…それはまるで、夢の景色のように美しい眺めだった…」

(ここで前々前世のイントロ)

 

 

さて、あけましておめでとうございます。

嵐コンの感想も書き終わらないうちに年を越してしまいました。(まだエイトコンの感想も書いていないのにね…!)

 

 

               〜前回までのあらすじ〜

バイト先のパートの方のご厚意で、あゆはぴコンにいけることになったこなみ。

まさかまさかの事態に呆然としていたら、アリーナ席が当たったという知らせが入り…!

 

 

12/16当日、私と誘ってくださった方、その方のご友人の3人でナゴヤドームに向かいました。

車の中でCDを流していてもう気分は最高潮!

 

しかもしかもグッズ列が並んでいなくてハイテンション!

 

いやーびっくりしました。

と言うのも2015のエイトの冬コンではかなり長蛇の列だった記憶があるので。

幸いにもドーム内にもグッズ売り場がありスムーズに購入できたわけですが。

 

今回は一箇所しかない上に、なんか隣でサーカスみたいなのやってる!(のちにシルクドソレイユの公演だと知りました。なにも同じ日じゃなくても)

これは覚悟しないとなと思っていました。

プレ販売のおかげだったのでしょうか。

 

ウキウキで売り場を後にしたわけですが、本当に覚悟しなければならないのはここからでした。

 

 

イオンめっちゃ混んでるうぅぅ!!

 

…なんですか、あれは。どこからあんなに大量の人が集まるんですか。

すばるコンの時も思ったけどジャニーズ恐るべし。

レストランは満席だし、休憩のために腰を下ろすベンチすら空いてない。

この時間でかなり体力を消耗しました。

 

 

 

さて、そんなこんなで(どんなだ)、アリーナへ無事辿り着いた私たち。

こんなに近いのか!本当に目の前なんです。

 

イオンで揉みくちゃにされたテンションがまた上がってきました。

人生初のペンライトの点灯を確認し、今か今かと待っていました。

すると周りの方が「嵐、嵐…」とコールを始め、慌てて参加してるうちに彼らは現れました。

 

 

 

 

 

 

嵐だああぁぁぁぁぁぁ

 

すごい目の前にいる…え、これテレビじゃないよね。私の目の前だけスクリーンついてて騙されてるわけじゃないよね??

 

もうキラッキラしてました。いや、比喩とかじゃなく。

体から金粉出てました(変態)

 

興奮しすぎたせいでどの曲から始まったのか全く覚えてません。

何しろ動いてることに感動しまして。

「あーやっぱりスーパーアイドルだなぁ」と思いました。

そんなハイな状態が続いていた私でも鮮明に覚えていたことがあります。

それは二宮くんのソロです。

 

CDを聞いていた時から、その曲だけ浮き出てよく聞こえました。

いや、もちろんどの曲も好きなんですが、ガッと心を掴まれたというか。

「あー二宮くんってこんな声も出せるんだ」

切なそうな歌声にボカロっぽさを感じるイントロ(ハロハワユっぽさ)など、聞けば聞くほど虜になりました。

 

それを生で聴ける。イントロが流れた瞬間緊張が走りました。

ふっとそちらを見ると、ステージで妖精が踊っているのです。

 

もう一度言います、妖精が踊っているのです。

 

気持ちを込めた歌声を曲に乗せて、ふわふわとまるで消えそうに歌っている。

実際踊ってなかったかもしれませんが、私には踊って見えました。

あの白い衣装も相まって消えそうなくらい儚いのです。

衝撃でした。

 

今まで悪いイメージを持っていたわけではないのですが、彼への固定観念がいい意味で裏切られました。

 

ライブが終わった後もしばらく聴きまくっていました。最初から最後まで好きなとこしかありません。

曲途中にある静寂の後の「Tell me」は、初めて聞いた時は鳥肌が立ちました。

 

あの儚い妖精が休日は家にこもりまくってゲームしてるとか嘘だろ?

実はワンパックとか嘘だろ?

私は嵐だったら相葉担なのですが、この時ばかりはニノに恋してました。

 

もちろん相葉ちゃんのソロでは呪詛のように「かわいいかわいい…」と呟いてましたよ(当然)

ディスコスター様流石です。

今、ディスコって打ったら予測変換に「ディスコスター様」って出てきました。

流石です、ディスコスター様。

 

 

2つ前の記事でも書きましたが、何しろ演出がすごい。

私は振り回すためにペンラを持っているので(え?)、自動制御どんとこいでした。

どうぞどうぞ、これが演出の糧になるなら好きにいじってください。

 

例えが月並みですが、正にディズニーランドにいるよう。飽きさせない。

コンサート中は決して夢から醒めない。

ドームを包み込んで一時狂わせてくれる。

 

ファンは夢を買っているんだなと改めて思いました。

そしてその夢を完璧に見させてくれる彼らに脱帽です。

 

再び行くことができるとは思いませんが、もし行くことができたら準備万端にして(イオンに行かなくても済むように)、それこそ「バカになって」楽しみたいと思います。

 

 

 

追記

生で見る相葉ちゃんが細すぎてびっくりしました。

誰か彼に「お蕎麦ばかり食べてちゃダメよ」と注意してあげてください。

あなたの嵐コンはどこから?

前回の続きです。

ここで、なぜ私が嵐のコンサートに行けることになったか詳しくご説明しましょう。

興味ないですか?ありますよね?はい、話します。

 

まず、バイト先のパートの方が嵐好きと知り、同じジャニヲタとして意気投合しました。

その方かなりファン歴が長いようでDVDも全て揃えているそうです。

 

「ファンクラブ入ってても全然当たらなくてね〜」

「嵐人気すごいですからね〜」

なーんて会話をしてたらその方がポツリ

 

「今度コンサートあるけど一緒に応募する?」

 

 

…全てのはじまりです。(大げさ)

 

 

「わーいありがとうございます!」と言ったものの、私もジャニヲタの端くれ。

嵐のコンサートのチケットがどれだけ取りづらいかはよく知っています。

 

(まあ当たらないだろうな…期待はしないでおこう)

その心遣いだけで十分でした。

 

 

しかしそれからしばらくして他のパートさんからまさかの報告。

 

「そういえば、あず(その方のあだ名です)コンサート行くらしいね」

 

 

 

       

         

          ……え??

 

 

 

  その方がコンサート行く=私も行ける

 

 

 

 

 

 

 

神様ありがとうございます(土下座)

 

 

 

 

いやーまさかのまさか

ちょっと息止まりました。

その後正式にご本人から当選したとの報告を受け、狂喜乱舞。

 

家族に自慢しまくりうざがられました。

 

予習のためDVDを借り、あゆはぴの初回限定版のCDも借り、嵐の衝撃に備える準備をしていました。

 

 

しかしその準備は第二波によってあっけなく崩れさりました。

 

 

なんとアリーナ席が取れたのです。

 

ここまでうまくいくと罠でも仕掛けられているんじゃないかと疑いました。

 

 

しかし喜び惚けているばかりではいけません。

アリーナに入れるとなればすることはひとつ。

 

そう、うちわづくりです。

 

まさか自分が四苦八苦しながらうちわを作るなんて夢にも思いませんでした。(2時間半)

 

(だんだん面倒になり「分かればいいか!」と適当になり始めたのは内緒です。)

 

近所の100均の品揃えの悪さに気づけたのも今回の大きな収穫ですね。

 

さて、次はいよいよコンサートの感想です。

 

(ごめんなさい、あと一回で絶対終わらせるのでそんな目で見ないで下さい…)